2013年11月22日

ポケットにピザ 

久々の更新になってしまいましたが、絵本の日本語訳を紹介したいと思います。
今回紹介するのは、こちら。

pizzainhispocket.jpg

いつも食べてばかりいた男の子のお話です。
男の子は食べすぎて、おなかを壊してしまいます。
ユーモアのある、小さなお子様でも楽しめるお話です。
食べ物に対して、アッラーに感謝することと、ほかの人とシェアすることの大切さを教えてくれる絵本です。

ワード・ファイルはこちら→ポケットにピザ.docx

ポケットにピザ


(P3)
あなたは、いつも、たべて、たべて、たべてばかりいた 
おとこのこの おはなしを きいたことがありますか?

そのこは、あさはやくたべて、よるおそくにもたべていました。

(p5)
だけど、そのこは、じぶんのたべるおいしいたべもののことを、
アッラーにかんしゃしていませんでした。
そのうえ、たべすぎて、びょうきにもなってしまいました!
おとこのこは、そのことで、すごくかなしくなりました。

(p7)
そのこは、ハンブルグで、とてもおいしそうだとおもったハンバーガーをたべました。
そして、スマトラで、とくせいスパイスであじつけされた、あつあつのサモサをたべました。

(p9)
ティフアナでは、スペインでてにいれたソースをつけたタコスをたべました。
そして、バーレーンで、ものとこうかんしてもらった、やきたてバクラバをボールいっぱいたべました。

(p10)
そのこは、カイロでつくるギロスはいちばんだといい、
イエメンのレモネードは、さいこうのごちそうだといいました。

(p12)
だけど、トルコのしちめんちょうは、もうちょっとしおがあってもいいな。
もし、マルタをおとずれることがあったら、チョコレート・モルトをぜったい、ためさないとね!

(p15)
そのこは、ポケットにピザをいれて、シャツにはケチャップがついていて、
そのうえ、デザートをたべそびれないようにと、アイスクリーム・サンデーをかっていました。

(p17)
バハマのうみべでは、やまもりのキャンディーをたべたあと、
おひるごはんにまにあうように、といそいでおうちにむかいました。

(p18)
そして、あるひ、おなかをぎゅっとおさえているちいさなおんなのこにあいました。
おとこのこは、ちかよって、どうしたの、とききました。

(p19)
おんなのこは、いいました。
ずっとながいあいだ、たべていなくて、とってもおなかがすいているの。
そこで、おとこのこはきづきました。
じぶんのたべかたは、とっても、とってもまちがっていたと。

(p20)
おとこのこは、じぶんのおなかをみおろすと、いたみをかんじはじめました。
たべものをたべすぎたせいでのいたみ、だけど、なきごとはいいません。
おとこのこは、おんなのこにたべものをあげ、おんなのこのかぞくもいっしょにたべました。
そして、みんなでアッラーにかんしゃしました。

(p22)
ここで、みんなでまなびましょう。ただしいことをするようにしましょう。
おとうさん、おかあさんがくれるたべもの、もんくや、けんかなしにたべましょう。
いつでも、おいしいたべもののこと、アッラーにかんしゃしましょう。
そして、じぶんのたべものをみんなとわけましょう。わけないのは、しつれいです。

(p23)
かんしゃすることは、とってもすばらしいこと。
じぶんのおさらにもられたやさいをきちんとたべましょう。

そして、いつもたべて、たべて、たべてばかりいたおとこのこのようにならないようにしましょうね。

YouTubeにこの絵本の歌があるのを教えていただきました!
こちらから見られます。
posted by うんみ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児〜低学年向けストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

Owl and the Dawn Prayer ふくろうとあかつきのれいはい

今日、紹介するのは、こちらの絵本です。

owl.jpg


ふくろうが主人公のお話です。
ふくろうといえば、夜に起きていますよね。
ある朝、いつも日が昇る時間に鳴くはずの雄鶏が鳴きませんでした。
人間たちも動物たちも、いつも雄鶏の鳴き声で起きていたので、唯一その時間に起きていたふくろうは大慌て!
皆に礼拝を逃してもらいたくないために、必死に飛び回ります。
皆は、礼拝に起きることができるのでしょうか?

動物たちが登場するので、小さなお子様でも楽しめる、楽しいお話になっています。
このストーリーをもとに、劇などをやっても楽しいかもしれません。

ワード・ファイル→ふくろうとあかつきのれいはい.docx

ふくろうとあかつきのれいはい


もし、まいにち、よがあけるときに、みんなをれいはいにおこすために、ないているおんどりがいて、あるひ、なかなかったら、どうしましょう?かみさま(アッラー)のそうぞうぶつは、みんな、れいはいにおきられなくなってしまいます。そして、あるひ、そのとおりのことがおこったのです。

けれど、ふくろうはおきていました。ふくろうは、よる、ねませんから。なので、ふくろうは、めんどりをおこしていいました。「めんどりさん、おんどりになくようにいいなさい。もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、めんどりは、おんどりにおこっていたため、はなしたくありませんでした。そこで、ふくろうは、きつねをおこしにいっていいました。「きつねさん、めんどりをおいかけなさい。なぜかって、めんどりはおんどりになくようにいわないし、もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、きつねはだらだらしていたので、ふくろうは、おおかみをおこしにいって、いいました。「おおかみさん、きつねをたべてしまいなさい。なぜかって、きつねはめんどりをおいかけないし、めんどりはおんどりになくようにいわないし、もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、おおかみは、よるおそくにたべたばかりなので、きつねをたべたくは、ありませんでした。そこで、ふくろうは、のうふをおこしにいって、いいました。「のうふさん、おおかみをつかまえてください。なぜかって、おおかみはきつねをたべないし、きつねはめんどりをおいかけないし、めんどりはおんどりになくようにいわないし、もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、のうふは、まだいびきをかいていて、ふくろうのこえはきこえないようでした。そこで、ふくろうは、のうふのつまのところにいって、いいました。「のうふのおくさん、だんなさんがおきて、おおかみをつかまえるように、かおにみずをふりかけなさい。なぜかって、おおかみはきつねをおそわないし、きつねはめんどりをおいかけないし、めんどりはおんどりになくようにいわないし、もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、のうふのつまも、まだいびきをかいていました。そこで、ふくろうは、あかちゃんのところにいって、いいました。「かわいいぼうや、おきなさい。おかあさんがおきて、おとうさんのかおにみずをふりかけて、おとうさんがおきて、おおかみをつかまえるように。なぜかって、おおかみはきつねをたべないし、きつねはめんどりをおいかけないし、めんどりはおんどりになくよういわないし、もう、あかつきのれいはいのじかんなのだから。」

けれど、あかちゃんには、ふくろうのいっていることがわかりませんでした。ふくろうは、みんなにれいはいをのがしてほしくなかったので、とてもかなしくなって、なきはじめました。

ふくろうがなくと、あかちゃんもなきはじめました。そして、おかあさんが、あかちゃんをあやしにやってきました。

そのあと、おかあさんは、のうふのかおにみずをふりかけました。そして、のうふはおき、れいはいのよびかけをしました。

おおかみは、そのよびかけをきくと、もうすぐ、のうふにつかまえられるとおもい、きつねをおそいにいきました。

けれど、きつねはめんどりをおいかけにいき、めんどりはおんどりになくようにいいました。そして、すべてのそうぞうぶつは、あかつきのれいはいをしました。

もんだい:

1. どうして、アッラーのそうぞうぶつは、れいはいにおきなかったのですか?
2. どうして、めんどりは、おんどりになくようにいわなかったのですか?
3. どうして、きつねは、めんどりをおいかけなかったのですか?
4. おおかみは、おなかがすいていましたか?それは、どうしてですか?
5. ふくろうは、のうふのつjまに、どうしてほしいとおもいましたか?
6. どうして、あかちゃんはないたのですか?
posted by うんみ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児〜低学年向けストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

A Prayer At Bedtime おやすみまえのいのり

今日、紹介するのは、我が家の長男の大好きな絵本、『A Prayer At Bedtime(おやすみまえのいのり)』です。
10440272_10202217891407257_8881212198053013469_n.jpg

アブドゥッラーはお庭で遊ぶのが大好き。
でも、いつも庭にやってくる近所のネコだけは気味が悪くて怖がっていました。
ある夜、アブドゥッラーは怖い夢を見ます。大好きなおじいちゃんから、寝るときのドゥアーを言うといいよ、をもらいますが、アブドゥッラーはなかなか覚えることができませんでした。
そして、その夜も、その次の夜もまた怖い夢・・・・。
最後に家族からの励ましを受けて、ドゥアーを覚えます。
素敵なイラストの、心温まる家族のストーリーです。
途中、怖い描写が出てくるのが子供の興味心をくすぐるのか、長男のお気に入りの一冊で、いつも読むのをせがまれます。

こちらが訳です。
(ワード・ファイルはこちら→おやすみまえのいのり.docx


おやすみまえのいのり


(p・6)
アブドゥッラーはとてもよいこです。アブドゥッラーは、まいにち、おうちのにわであそびます。そして、アブドゥッラーのおにわのうつくしいこと!マーシャーアッラー。まっかなリンゴがえだからぶらさがるリンゴのき、シャキシャキしたナシがなるナシのき。たくさんのみどりや、おはなにもあふれています。アブドゥッラーのおじいちゃんとおかあさんが、ぶあついてぶくろをはめて、おもくてさびついたシャベルをつかい、おにわのせわをします。

(P.8)
ひらひらとまうチョウチョに、はいつくばってあるくクモ、ねばねばしたナメクジに、ブンブンとびまわるハチ。アブドゥッラーは、このおにわで、ニョロニョロうごくミミズをほりだしてみたり、はっぱをムシャムシャたべるアオムシのようすをみたり、とりにえさをあげたり、おおいそがしです。アブドゥッラーにとってたのしいことでいっぱいでした・・・あのネコのことをのぞけば。それは、きんじょにすむネコでした。おおきくて、けがフサフサで、みどりいろのめをした、ながーいひげと、するどいつめのネコ。

(p・10)
あるひ、アブドゥッラーが、おにわであそんでいたときのこと。アブドゥッラーがボールをはねているのを、ネコがじっとみつめていました。ネコのみどりいろのめは、ボールをじっとみつめ、そのヒゲはヒクヒクうごいていました。

とつぜん、ネコは、ボールのほうにとびかかってきました。アブドゥッラーはさけびました。

「ママ!」アブドゥッラーはハアハアしながら、いえのなかにかけこみました。

「アブドゥッラー、ただのネコじゃないの。あなたは、つよいおとこのこでしょう。」おかあさんはいいました。アブドゥッラーは、ネコがこわかったのです。ネコはいつもやってきては、アブドゥッラーのたのしみをだいなしにするのです。

「ぼく、もう、おうちのなかにいるよ、ママ。」アブドゥッラーはいいました。そして、そのあと、いちにちじゅう、アブドゥッラーはいえのなかにいました。

(p・12)
そのよる、アブドゥッラーはねることができませんでした。ベッドのうえで、なんどもねがえりをうちました。ふとんをぐっとだきよせました。アブドゥッラーがへやをみまわすと、へやのかどに、とてもおかしなものがみえました。おもちゃや、ふくのあるばしょに、みどりいろのめがみえました。アブドゥッラーは、きつくめをとじました。そのまま、めをあけませんでした。そのうちに、かわいそうなアブドゥッラーはねてしまいました。

(p・14)
つぎのひのあさ、アブドゥッラーは、すぐにへやをとびでました。そして、おじいちゃんのところにいきました。
「ぼく、きのう、すごくこわいゆめをみたんだよ。おおきなめをして、するどいはと、つめをもった、でっかいネコがでてきたんだ」アブドゥッラーはいいました。
「おお、そうか。」おじいちゃんは、やさしいこえでいいました。
「おまえは、ねるまえのドゥアーをおぼえたほうがいいだろうなぁ。」
「でも、すごくこわかったんだよ。」
「だいじょうぶだ、ドゥアーをいうたびに、おまえはつよいおとこになる。そして、どんなにつよいネコだって、おまえをこわがらせることなんてできなくなるだろう、インシャーアッラー。」おじいちゃんは、にっこりわらいました。
アブドゥッラーはつよいおとこになりたいとおもいました。だから、ドゥアーをおぼえはじめました。
ドゥアーはとてもみじかいものでした:アッラーフンマ ビスミカ アムートゥ ワ アハヤー。
でも、そのとき、おとうさんがくるまをあらっているこえがきこえてきたので、アブドゥッラーはおとうさんのほうへいってしまいました。
「おとうさん、ぼくもてつだっていい?」アブドゥッラーはききました。
「おまえのおねえちゃんもてつだってくれているところだよ。」おとうさんはこたえました。
くるまをあらっているあいだ、アブドゥッラーはみずでビショビショになりました。

(P.16)
アブドゥッラーは、ドゥアーをおぼえなかったので、ねるじかんになってもドゥアーをいうことができませんでした。なんどもねがえりし、ふとんをだきよせたりしました。そのうちに、ねむりはじめました。

ゆめがはじまりました。ぼんやりしていて、あまりはっきりみえませんでした。みずがありました、たくさんのみずが。ぶきみななみのなか、なにかうごくものがありました。それは、サルマでした。
「たすけて!たすけて!」サルマはさけびました。
アブドゥッラーも、みずのなかでおぼれていました。
「たすけて!たすけて!」アブドゥッラーはさけびました。

(P.18)
とつぜん、アブドゥッラーはめがさめました。とてもこわくて、なにがなんだかわからなくなって、ベッドからでて、おねえちゃんのへやへ、はしっていきました。
おねえちゃんをよびながら、なみだがこぼれてきました。サルマがめをさまして、へやのあかりをつけました。
「どうしたの?」サルマがききました。
「ぼく、こわいゆめをみたんだよ・・・おねえちゃんとぼくと・・・みずがあって・・・ぼくたち、あぶなかったんだよ。」アブドゥッラーはすすりなきました。
サルマはアブドゥッラーをだきしめました。
「ばかね、ただのゆめじゃないの。ほんとじゃないでしょ。ほらみて、わたしたち、いまここにいて、なんともないでしょう、アッラーのおかげで。いつもよる、わたしはドゥアーをいうの。そしたら、もっとつよくなれるのよ。アブドゥッラーも、おじいちゃんにおしえてもらって、おぼえたらいいわ。そしたら、こわいゆめはみないし、どんなにおおきななみでさえ、わたしたちをおそうことはないわよ、インシャーアッラー。」

(P.20)
ちょうしょくのあと、アブドゥッラーはドゥアーをおぼえはじめました。
「てつだってやろうか?」おじいちゃんがききました。
「うん、おねがい。」
アブドゥッラーは、おじいちゃんのひざのうえにすわりました。アブドゥッラーは、おじいちゃんのあたたかいえがおと、しろいおひげと、しわしわのてがだいすきでした。
「あのなぁ、アブドゥッラー、アッラーはみんなのことをまもってくれてるんだよ。アッラーは、わしたちにつよくていいにんげんであってほしいとおもってらっしゃる。だから、よるには、ドゥアーをいうんだ。つよくなるためにな。」おじいちゃんがそう、せつめいしました。
つよくていいこらしく、アブドゥッラーはドゥアーをおぼえはじめました。かんたんなことばもあれば、むずかしいことばもありました。アッラーフンマ ビスミカ アムートゥ ワ アハヤー。

(P.22)
そとでは、てんきがかわっていました。そらはくらくなり、つよいかぜがふき、くさをふきとばしていました。きんじょのネコは、ニャアニャアないていました。そして、くだもののきは、まどにあたって、おとをたてていました。アブドゥッラーはまどから、あめがじめんをたたきつけるようにふるのをながめました。
「あらしだ。」アブドゥッラーはおもいました。
そして、そのあらしの、はげしくて、うるさかったこと!

(P.25)
でんきをつけていたので、ちいさなきいろのひかりがへやをてらしていました。アブドゥッラーは、ドゥアーをいおうとしましたが、すこししかおもいだすことができませんでした。「アッラーフンマ・・・アハヤー。」
アブドゥッラーは、なんどもねがえりしては、ふとんをだきよせました。なんども、なんども、がんばりましたが、どうしてもドゥアーをぜんぶおもいだすができませんでした。

アブドゥッラーのからだはつかれてきたのに、あらしのおとで、ねむることができませんでした。
かぜはヒューヒューいい、あめはピューピューいいました。アブドゥッラーは、まどのほうをみました。
りんごのきのえださきが、まどをたたきました。アブドゥッラーは、とてもこわくなっていたので、まどのそとにぶきみなてがあるようにみえました。ほんとうは、ただの、いつつのえだわかれのあるえだだったのに。かわいそうなアブドゥッラー。アブドゥッラーは、ベッドからとびでて、おとうさん、おかあさんのへやへはしっていきました。

(P.26)
あさはやく、アブドゥッラーのおかあさんが、みんなにちょうしょくをつくりました。
「アッサラーム アライクム、みんな。あさごはんをたべましょう。みんな、アブドゥッラーとちょっとおはなししないとね。」おかあさんがいいました。
みながテーブルのまわりにすわりました。つかれきったアブドゥッラーも。
おとうさんがまず、くちをきりました:「アブドゥッラー、おまえは、ゆうかんなときがあるな、アルハムドゥリッラー。」
アブドゥッラーは、ほほえみました。
「だけど、ここのところ、こわいゆめをみているようね。」おかあさんがいいました。
アブドゥッラーは、かおをしかめました。
おじいちゃんがはなしました。
「わしらのゆうかんなアブドゥッラーや。もし、ドゥアーをおぼえて、ねるまえにいったら、わるいゆめをみることはなくなるぞ、インシャーアッラー。」
「ドゥアーはおぼえたの?」おねえちゃんがききました。

(P.27)
「もうちょっとなんだ。がんばっているんだけど。」アブドゥッラーがいいました。
「マーシャーアッラー、それはいいわ。ゆめっていうのはね、そのひ、おこったことがでてくることがおおいのよ。だから、ねこがボールにとびかかってきたときも、ゆめにこわいねこがでてきたでしょう。わかる?」おかあさんがいいました。
アブドゥッラーはにっこりしました。アブドゥッラーは、わかりました。ドゥアーをおぼえなければならないこともわかりました。そのひ、アブドゥッラーはドゥアーをおぼえました。なんて、しあわせで、ゆうかんなおとこのこでしょう。
そのよる、アブドゥッラーは、ねるまえにドゥアーをいいました。
「アッラーフンマ ビスミカ アムートゥ ワ アハヤー。」

(P.28)
すがすがしく、とてもゆうかんになったきぶんで、つぎのひのあさ、アブドゥッラーはとびおきました。アブドゥッラーは、こわいゆめをみませんでした。
アルハムドゥリッラー。アブドゥッラーには、ねるときのドゥアーがやくだったことと、アッラーがいつでもまもってくださることがわかりました。
posted by うんみ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児〜低学年向けストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする