2009年12月01日

The Path that Allah Made アッラーのお創りになった道

今回も、Islam&Meシリーズからです。

クルアーンの大権章の15節目、「かれこそは、大地をあなたがたに使い易くなされた方である。それでその諸地域を往来し、かれの糧を食べるがよい。そして復活の時にはかれに召されていく身である。」の内容をテーマに、アッラーの創造について思いを馳せる、ポエム風の絵本となっています。

イラストと色使いがとっても鮮やかで美しいです。絵本を読み進めると、自分も一緒に森を散策したような気分になります。

path.gif

ワード・ファイルはこちら(転載・配布自由)⇒The Path that Allah Made 日本語訳.doc


The Path that Allah Made
アッラーのお創りになった道


(p.2)
学校からの帰り道、
二つに別れた道がある。
ちょっと止まって考えた。
家までまっすぐたどりつく、
踏みならされた道を行こうか?
そうでなく、
ドゥアーとともに、
ワクワクしながら踏み出した。
アッラーのお創りになった道、
新しい発見をするために。

(p.4)
何歩か進み、何が見える?
一列のかわいらしいりんごの木々。
とっても明るく、鮮やかで、
今にも手に届きそう。
みずみずしくて赤い姿は、
味見をしてみたくなる。
アッラーがお創りになった、
道に並ぶ木の上のりんご。

(p.7)
木が揺れるのに気がついた。
なんだろう?近くまでのぞいて考える。
小さな枝が揺れていた。
そこにはサナギ、今にもかえりそう。
うれしいことに、中に見えたのは、
小さくてかわいらしい蝶だった。
羽を広げて飛び出した。
あっという間に遠く消え、
残るは、破れたサナギだけ・・・。
アッラーがお創りになった道の上。


(p.8)
しばらくし、音がしたので振り返る。
動物の影が現れた。
驚いたことに、それは子鹿。
子鹿はおだやかな頭を垂れ、
広がる草を食べ始める。
僕が立っているのを見つけると、
森の中に逃げ出した。
アッラーがお創りになった道を、
包み込む大きな森の中に。


(p.11)
自分の足音がカサカサ言う。
地面に枯れ葉が落ちている。
枯れ葉を踏んでも、木は傷つかない、
それは僕も知っている。
森の葉っぱはまた生えてきて、
木を覆いつくす、高きも、低きも。
アッラーがお創りになった道に沿って。

(p.13)
道を進んでいくにつれ、
歩く地面が変わり始め、
カサカサ枯れ葉はいつの間に、
小石と砂に変わってた。
少し先にはぽつんと池、
僕の歩いてきた道の森の中、
静かにひっそりたたずんでいる。
アッラーのお創りになった道。

(p.14)
畏敬の念におそわれた。
目にするすべての岩、砂、しげみ、木々、
池の水面に映ってた。
とても静かに美しく。

(p.16)
池の上に見つけたのは、一列に並ぶアヒルの親子。
小さなアヒルはもぐる練習中。
でも、母親アヒルだけがいつも成功、
魚を捕えては子アヒルに食べさせる。
アッラーがお創りになった道にある池の上。

(p.19)
どれぐらい立ち続けただろう、
周りはすっかり日が陰り、
やさしい月明かりの下、立っていた。
遅くなる前に戻ろうと、帰りながらも思い出す、
アッラーのお創りになった道の上、
どんな驚きがあったかを。

(p.20)
りんごの木の上のりんご、
蝶の羽の鮮やかな色、
足もとでカサカサ音を立てた枯れ葉、
静かにたたずむ池、
優雅に泳ぐ魚、
これらはすべてアッラーが、
僕らのためにお創りになった。

(p.23)
小さなムスリムの子供たちに、
伝えたいと思うこと。
アッラーのお恵みと贈り物、
これらに敬意を払いましょう。
アッラーの創造の美しさ、
これらに感謝をいたしましょう。
アッラーの栄光をたたえ、感謝しましょう、
アッラーのお与えになる糧に対して。

(p.24)
「かれこそは、大地をあなたがたに使い易くなされた方である。それでその諸地域を往来し、かれの糧を食べるがよい。そして復活の時にはかれに召されていく身である。」

クルアーン 67(大権章):15
posted by An Noor at 22:55| Comment(0) | Islam & Meシリーズ(小さい子向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: